結婚式に必要な準備とお金

いくらかかる?

予算の考え方と計算

結婚式に必要な準備とお金かかる費用をすべて準備する必要はありません。
予算を立てる時に忘れがちなポイントでもあります。

招待客からのご祝儀や両家の昇進からの援助費も計算し、予算を計算しましょう。
ご祝儀は友人知人、会社の人は一人3万円包むことが多く、親族ですと5万円や10万円包むこともあります。
両家からの援助は援助金を半分ずつ負担することが多いようで、総額で50万円前後が一般的です。
ただ、援助金はしてもらわないとどちらかが決めていることもあります。
どちらかだけが援助するというのも後々のお付き合いの際に差しさわりが出てくることもあるので、新郎新婦でお互い話合っておくことが必要です。

計算には招待する予定の人数に3万円をかけた金額に結婚準備金額、援助金をたして計算しましょう。

具体的な費用と節約

結婚式の費用でドレス代は最も費用がかかるものの1つです。
レンタルで済ませたとしても20万以上かかったという人が大半です。
また新品を購入した人の2割ほどの人が30万円以上支払うそうです。
どちらにしても高い費用になりますね。

食事も大きな費用がかかります。
例えば1人1万円で60人招待したら、60万円ですね。
招待される側の意見としては、「ご祝儀の半分ぐらい」の1万円か1万5千円の料理だとうれしいと考えるようです。

この他にかかるものとして、挙式代で30万円ほど、引き出物や引菓子で35万前後、ビデオ撮影代に20万円前後などがあり、遠くからくる方に渡す車代や宿泊費も忘れてはいけません。

節約をするポイントは妥協できる所を探すことです。
例えばドレスは1回きりだし中古でいいということで、10万円以下に抑えることもできます。
逆に、食事代は招待客へのもてなしでもあるので、あまり安い物は選ばない方がいいでしょう。


この記事をシェアする