結婚式に必要な準備とお金

どんどん忙しくなる時期

披露宴

誰かの結婚式に参加したことがある方はイメージしやすいですが、披露宴はいろんなイベントが盛り込まれています。
入場の時に各席のキャンドルに火をつけたり、新郎新婦の生い立ちを紹介する映像、お色直し、ケーキ。
新郎新婦の兄弟が楽器を演奏することもあります。
これらを新郎新婦は決めなければいけません。
式と披露宴をビデオでとり、披露宴の最後に編集したものが流れるのも最近では当たり前になってきてますし、式の間にメッセージを各招待客にカメラの前で言ってもらうこともできます。

料理や各席のテーブルコーディネートもおもてなしの為に選びます。
これも選ぶものでかなり費用に差が出てきます。
予算の心配もありますが、削る所とそうでない所を意識して選びましょう。

進行などの依頼と確認

式と披露宴の内容が決まったら、どこに依頼するかも決めないといけません。
余興は特に、依頼する人が練習する時間を確保する為にもできる限り早めに連絡しましょう。

式には司会者がいますね。
式場にいるスタッフにも依頼できますが、友人や知人にお願いする人もいます。
同じよう式の間、映像を撮る人も式場が契約している業者に依頼することも、思い当たるのであれば友人にお願いすることもできます。

招待状は2か月前には送付して、1か月前には招待状を送った人から返信がきているか、忘れずに確認し、来ていない分に関しては直接連絡しましょう。
これが出来ていないと、最終的な料理の発注、引き出物の発注が出来なくなります。
もしもを考えて多めに用意することが多いですが、できれば無駄のないようにしたいです。


この記事をシェアする